ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年02月20日 16時04分 公開

バンダイ、AIカードゲーム「ゼノンザード」発表 HEROZと共同開発

バンダイがAIを活用したデジタルカードゲームのブランドを立ち上げた。第1弾として、スマートフォン向けアプリ「ゼノンザード」を発表。

[ITmedia]

 バンダイは2月20日、AI(人工知能)技術を活用したデジタルカードゲームの新ブランド「AI CARDDASS」(エーアイカードダス)を立ち上げたと発表した。第1弾として、スマートフォン向けアプリ「ゼノンザード」(基本プレイ無料、iOS/Android)を2019年夏に配信する。公式サイトで事前登録を受け付けている。

AI 「ゼノンザード」
AI

 AIベンチャーのHEROZ(東京都港区)が提供する独自AI「HEROZ Kishin」を活用し、「カードゲーム特化型AI」を共同開発。ゲーム内にはパートナーAI「コードマン」が登場する。バトル中にプレイヤーのサポートをする他、対戦後のバトル分析、デッキ構築のアドバイスなども行う。プレイヤーの思考やプレイの傾向を学習するという。対戦相手としてのAIキャラクターも用意した。

AIAI プレイ画面イメージ
AI AIの分析画面イメージ

 ゲームの原案と世界観設定は「ブギーポップは笑わない」などを手掛けた小説家の上遠野浩平さんが担当。ライトノベル編集者として知られる三木一馬さんが代表を務めるストレートエッジとバンダイが共同で原作を担当する。

AI イメージ画面

©BANDAI・STRAIGHT EDGE



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.