ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年02月20日 17時27分 公開

アース製薬、光触媒方式「蚊がホイホイ」発売 殺虫成分使わず

光触媒方式で二酸化炭素を発生させて蚊を誘引する「蚊がホイホイMosquito Sweeper」が発売された。

[松尾公也,ITmedia]

 アース製薬は2月20日、殺虫成分を持つ薬剤を使わずに蚊を捕獲する製品「蚊がホイホイMosquito Sweeper」を発売した。本体、誘引剤はいずれもオープン価格で、予想価格は本体が1万9800円、2カ月に1度交換する誘引剤は1980円(いずれも税別)。

 人体やペットの安全性を重視するユーザーニーズがあることから同社は4年前に開発を開始。東京理科大学 藤嶋昭栄誉教授が開発した、強い酸化力を持つ光触媒技術に着目した。東京理科大学、ユーヴィックスが共同開発した光触媒担持チタンメッシュフィルター(TiMP)により、蚊を誘引する二酸化炭素発生の効率を上げたという。

 蚊がホイホイでは誘引力の高い果実を成分とした独自開発の誘引剤SpMAを追加することにより、TiMPによる二酸化炭素生成の材料も提供する。誘引剤がない状態だと、誘引効果はほとんどないという。

 誘引された蚊は、高速回転するファンによって装置に吸い込まれ、捕虫ボックスに入り、さらに乾燥状態に置かれることで生存できなくなるという。

photo 蚊がホイホイ本体と交換用誘引剤(左)
photo 光触媒担持チタンメッシュフィルター
photo 力尽きた蚊はここに落ちてくる
photo 左からアース製薬 川端克宜社長、東京理科大学 藤嶋昭栄誉教授、渡辺優一ブランドマネージャー

 「人類が死んでいく原因としては蚊が圧倒的に多いが、薬を作っては追いつかれてしまうことが繰り返されてきた。今回は薬剤を全く使わない方式」とアース製薬の川端克宜社長は話した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.