ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年02月21日 08時45分 公開

Appleは2021年をめどにiPhone、iPad、Macのアプリ統合を目指す?

Bloombergによれば、2019年から21年にかけてアプリの統合に向けたロードマップが敷かれているが、流動的だという。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは2021年をめどにiPhone、iPad、Macのアプリ統合を目指すと、Bloombergが伝えている

 AppleはiOSアプリとMacアプリの開発において基本的なソフトウェアコードを2回書く必要はなくなる新しい開発キットをWWDC 2019で提供する予定で、2020年には同キットを拡充してiOSアプリもMac用に転換できるようにし、2021年までにはiPhone、iPad、Macのアプリが1つにまとめられるようにすることを目指しているそうだ。

 ただ、計画は流動的であり、変更される可能性がある、と関係者は話しているという。

 また、Appleは2020年という早い時期に一部のMacを自社製チップに移行する計画で、アプリの合併計画はあるものの、iOSとmacOSを1つのオペレーティングシステムに統合することはしないと関係者は話しているそうだ。

photo
photo
photo

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.