ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年02月21日 10時43分 公開

Facebook、公式Androidアプリの起動しなくても位置情報を収める設定を無効化できるように

FacebookのAndroidアプリで位置情報へのアクセスを許可すると、これまではアプリを終了しても位置情報を提供し続けるしかなかったが、iOSアプリ同様にバックグラウンドでは位置情報提供を無効にできるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは2月20日(現地時間)、Android版公式アプリの位置情報収集の設定の変更を発表した。これまでは位置情報へのアクセスを許可すると、アプリを起動していなくても“バックグランド”で位置情報をFacebookに提供し続けることになっていた。

 変更により、[≡]→[設定とプライバシー]→[プライバシーセンター]→[位置情報サービス設定の管理]で、スイッチをオフにすれば、バックグランドの位置情報サービスを無効にできる。

 location 1

 これまで位置情報サービスを有効にしていたユーザーは、バックグランドの位置情報も有効になっている。これまで無効にしていたユーザーの設定は変更されない。

 iOSアプリの場合は以前からバックグランドの位置情報を無効にする選択肢があったが、今回の変更に合わせて両OSアプリでユーザーに設定の確認を促す告知をするとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.