ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年02月28日 09時33分 公開

AI音声会話システム搭載「BMW 320i M Sport」を使ってみた(動画あり)(1/2 ページ)

最新BMWはワイヤレスCarPlayが組み込まれ、Qi充電もできる。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 BMW Group Terraceにて先行展示されていた、ニューBMW 3シリーズ セダン「BMW 320i M Sport」をチェックしてきた。

photo BMW 320i M Sport

 この展示車は、東京マラソン2019のBMW オフィシャルカーでもある。

 BMW 320iシリーズは日本市場先行モデルで、また、3シリーズのMスポーツモデルは日本市場で約55%を占めていることから、初期ラインアップに含まれているそうだ。

photo BMW 320i M Sport

 なお、展示車は最終セットアップ前段階の展示だったため、いくつかの機能確認が行えなかった。

 エンジンは、B48B20B型2.0ℓ直列4気筒DOHCツインターボ・ガソリン・エンジンで、最高出力135KW(185ps)、最大トルク300Nm(30.6kgm)、燃料消費率JC08モードは15.2km/ℓという仕様。

photo B48B20B型2.0ℓ直列4気筒DOHCツインターボ・ガソリン・エンジン

 展示車には、オプションのデビュー・パッケージに含まれる19インチ M ライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング791Mが装備されていた。

photo デビュー・パッケージ

 タイヤは、ピレリのP ZEROで、フロントは225/40R19タイヤ、リヤは255/35R19ランフラットが装着されていた。

 オートマチック・テールゲート・オペレーションとの組み合わせで、手を使わずにテールゲートを開閉することができる「コンフォート・アクセス」(スマート・オープン/クローズ機能付)が装備されていた。

photo コンフォート・アクセス

 足をリヤ・バンパーの下で素早く左右に動かすと、センサーの働きでテールゲートが開閉するようになる。

 10.25インチのコントロールディスプレイと12.3インチのフルデジタルメーターパネルによって構成された「BMW ライブ・コックピット」が採用されていて、コントロールディスプレイはタッチ操作が可能。

photo BMW ライブ・コックピット

 従来モデルに比べて表示領域が約75%拡大した「BMW ヘッドアップ・ディスプレイ」には、現在の車速やルート案内の矢印表示、各種の警告といったドライブ中に必要となるさまざまな情報が投影される。

photo BMW ヘッドアップ・ディスプレイ

 日本仕様では、追い越し禁止表示を含めた速度制限情報は表示されないそうだ。

 コンソールボックス内には、USB-Cコネクタが用意されていた。

photo コンソールボックス内:USB-Cコネクタ
       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.