ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年02月28日 12時00分 公開

CP+ 2019:カメラ見本市「CP+ 2019」開幕 各社フルサイズミラーレスに熱視線

国内最大のカメラと写真、映像の展示会「CP+ 2019」(2月28日〜3月3日、パシフィコ横浜)が2月28日に開幕した。今年は124の企業と団体が参加(昨年は128)。期間中に7万人の来場を見込む。

[井上輝一,ITmedia]

 国内最大のカメラと写真、映像の展示会「CP+ 2019」(2月28日〜3月3日、パシフィコ横浜)が2月28日に開幕した。今年は124の企業と団体が参加(昨年は128)。期間中に7万人の来場を見込む。入場料は1500円(税込、事前登録で無料)。

国内最大のカメラと写真、映像の展示会「CP+ 2019」(2月28日〜3月3日、パシフィコ横浜)

 各社新製品が注目を集める中、パナソニックとシグマが独ライカとアライアンスを組むミラーレスマウント用規格「Lマウント」のカメラボディである、パナソニック「LUMIX S1/S1R」や、シグマのLマウントレンズがCP+で初登場。パナソニックの他、ソニー、ニコン、キヤノンのフルサイズミラーレス一眼カメラを一度に試せる貴重な機会となっている。

パナソニックブースでは「Lumix S1/S1R」の体験に黒山の人だかりが
シグマは計78のレンズが、直接あるいはマウントアダプターを通してLマウントに利用できることをアピール
マウントアダプター「MC-21」を通してシグマのレンズを独ライカのボディやパナソニックのボディにマウントできる
ソニーブース
ニコンブース
キヤノンブース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.