ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年03月03日 07時48分 公開

Amazon.com、機械学習採用のコピー品検出・削除ツールをブランドに与える「Project Zero」

Amazon.comが、ブランドコピー(偽ブランド品)撲滅を目指す「Project Zero」を米国で開始した。参加ブランドに機械学習ツールを無料で提供し、セルフサービスで自社ブランドのコピーをAmazonから削除させる。削除データはAmazonのツール強化に利用する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは2月28日(現地時間)、Amazonでの偽ブランド品(ブランドコピー)撲滅を目指す「Project Zero」を発表した。参加ブランドは、与えられた機械学習ツールで偽物を検出し、Amazonに報告せずに削除できる。まずは米国で、招待制で開始した。

 zero 1

 Amazonには現在、偽物をAmazonに報告し、Amazonが確認の後に削除するサービス「Aazon Brand Registry(日本では「Amazonブランド登録」)」があるが、報告から削除まである程度時間がかかる。Project Zero参加ブランドであれば、発見し次第削除可能だ。

 zero 2 現行の「Amazonブランド登録」

 参加は無料だが、正確を期すためにAmazonによるトレーニングが義務付けられている。

 Amazonは自社開発の機械学習ツールで1日当たり50億点以上の商品をスキャンし、偽物を削除している。このツールは、Amazonブランド登録に登録された商標データで学習している。Project Zero参加ブランドによる偽物削除も学習データになり、Amazonのツール強化に使われる。

 Project Zeroには有料の「Product Serialiation」オプションもある。これは、Amazonで販売する商品1点ずつに一意のシリアル番号をつけることで、より厳格に偽物を排除するというもの。こちらは1点当たり0.01〜0.05ドルのコストが発生する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.