ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年03月08日 17時25分 公開

小岩井ことりさん、VOCALOIDデビューし自らデモ曲制作 トーク音声合成も

「鳴花ヒメ・ミコト」はVOCALOID、AITalkの2種類で提供する。

[松尾公也,ITmedia]

 声優でシンガーソングライターの小岩井ことりさんがVOCALOIDの中の人としてデビューした。

 ガイノイドはVOCALOID5対応バーチャルシンガー「VOCALOID版鳴花(めいか)ヒメ・ミコト」を3月8日に発表。パッケージ版は3月30日に1万8000円(税込み)で発売される。WindowsとMacに対応。別途エディタソフトが必要だ。

photo 「VOCALOID版鳴花ヒメ・ミコト」
photo

 梅の精霊だという鳴花ヒメ・ミコトは2人の異なるバーチャルキャラクターで、小岩井さんが演じ分けている。パッケージ版は2人がセット販売されるが、ダウンロード版では個別購入が可能。ダウンロード価格はセット版が1万6000円、単体販売は1万円(いずれも税別)。

 アニメ「のんのんびより」の宮内れんげ役などで知られる小岩井ことりさんはDAWを駆使するミュージシャンとしての側面も持っており、今回はVOCALOIDの中の人自ら作詞作曲し、デモソングを作るという、ボカロ中の人=ボカロPな事態となった。

photo デモ曲クリエイターに本人登場

 「鳴花ヒメ・ミコト」はエーアイの音声合成エンジンAITalkを使った「ガイノイドTALK 鳴花ヒメ・ミコト」も同時発売される。Windows専用で、パッケージ版とダウンロード版が用意されている。

photo 「ガイノイドTALK 鳴花ヒメ・ミコト」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.