ITmedia NEWS > 社会とIT >
速報
» 2019年03月12日 11時55分 公開

Facebook、ウォーレン議員の政治広告を削除 ロゴ無断使用のポリシー違反で

市場を寡占し、健全な競争を阻害しているFacebookなどのIT大手の解体を主張するエリザベス・ウォーレン議員がFacebookにキャペーン広告を出したが、Facebookがこれを削除した。Facebookのロゴの無断使用がポリシーに違反するため。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国のIT大手、Google、Facebook、Amazonを解体すると主張するエリザベス・ウォーレン上院議員(民主党、マサチューセッツ州)がFacebook上に政治広告を掲載したが、Facebookがこれをすぐに削除したと、米Politicoが3月11日(現地時間)、Facebookへの取材に基づいて報じた。

 warren 1

 現在は見ることのできないこの広告は、ウォーレン氏の大手解体の主張を宣伝するためのもので、「Facebook、Amazon、Googleの3社はわれわれの経済と民主主義に非常に大きな力を持っている。われわれは皆、これを使っているが、彼らは力を得るにつれ、競争を破壊し、われわれの個人情報を集積のために利用し、市場を自分たちの都合に合わせてゆがめている」と書かれているという。

 このキャンペーンでは3社のみを掲げているが、ウォーレン氏はThe Vergeのインタビューで「Appleも対象」だと語り、GAFA解体を主張していることを認めた。

 FacebookはPoliticoに対し、「その広告は、Facebookの企業ロゴを無断で使っており、広告ポリシーに違反しているので削除した。だが、Facebook上での活発な議論を可能にするため、広告を再掲載するつもりだ」と説明した。

 ウォーレン氏はFacebookとその傘下のInstagramのアカウントを持っており、Google傘下のYouTubeも自身のキャンペーンに活用している。

 warren 2 ウォーレン氏のFacebookページ

 同氏は広告が削除されたことを受け、Twitterアカウントで「なぜ私がFacebookが力を持ちすぎたと考えているか知りたい? Facebookがそうした議論を締め出す力を持っていることから話を始めよう。広告を復活させてくれるのには感謝する。だが、私は唯一の監視者が支配するソーシャルメディア市場は望んでいない」とツイートした。


 ウォーレン氏は2月、2020年の米大統領選の民主党候補争いに名乗りを上げている。民主党からはウォーレン氏の他、ジョー・バイデン氏、バーニー・サンダース氏なども出馬を表明している。民主党側の候補が決まるのは2020年夏の民主党大会(日程はまだ発表されていない)の見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.