ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年03月13日 12時31分 公開

「まどか☆マギカ オンライン」開発元のS&Pが破産

東京商工リサーチによると、ブラウザゲーム「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」などを手掛けたソーシャルゲームメーカー・S&Pが3月6日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約5億2800万円。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、ブラウザゲーム「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」などを手掛けたソーシャルゲームメーカー・S&P(東京都)が3月6日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約5億2800万円。

 ブラウザゲーム「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」「進撃の巨人 -反撃の翼- ONLINE」(それぞれ2015年3月にサービス終了)を開発・運営していたほか、近年は、アイドルグループ「AKB48」の公式ゲームアプリや、乙女ゲーム「B-PROJECT 無敵デンジャラス」も運営していた。B-PROJECT 無敵デンジャラスは昨年3月、MAGES.に運営を移管している。

 平成2015年3月期の売上高は約25億6000万円に上ったが、その後はヒット作に恵まれず業績が悪化。17年3月期には売上高が9億2100万円まで落ち込んだ。B-PROJECT 無敵デンジャラスの運営移管移行は、事業を停止していたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.