ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年03月20日 11時53分 公開

セキュリティ勉強会休止、「攻撃コードの研究発表でも逮捕されかねない」と懸念 いたずらURL事件受け

セキュリティ勉強会「すみだセキュリティ勉強会」が休止。いたずらURL投稿者がウイルス供用未遂の疑いで摘発された事件などで警察に不信感を募らせており、「単なるセキュリティ勉強会ですら、脆弱性の解説や攻撃コードの研究発表を理由に、逮捕事案にしかねない」と懸念したためという。

[岡田有花,ITmedia]

 セキュリティエンジニアのozumaさんはこのほど、主催しているセキュリティ勉強会「すみだセキュリティ勉強会」の活動をしばらく休止すると発表した。JavaScriptを使ったいたずらプログラムのURLを掲示板に書き込んだ3人が不正指令電磁的記録(ウイルス)供用未遂の疑いで摘発された事件などがきっかけで警察に不信感を募らせており、「単なるセキュリティ勉強会ですら、脆弱性の解説や攻撃コードの研究発表を理由に、逮捕事案にしかねない」と懸念したためという。

画像 すみだセキュリティ勉強会のブログより

 すみだセキュリティ勉強会は2013年にスタートしたWebセキュリティの勉強会で、年3回ほどのペースで都内で実施。勉強会では、一線のセキュリティエンジニアが、Webの脆弱性を具体的に説明したり、攻撃コードを挙げながら攻撃手法を解説してきた。

 ただ、先日のいたずらURL事件や、サイトにCoinhiveを設置した人が摘発された昨年の事件を受けてozumaさんは、「勉強会での発表を基に、不正指令電磁的記録に関する罪で発表者が逮捕される可能性がある」「勉強会の内容をブログに書いた参加者が、共犯者として逮捕される可能性もある」「『発表だけで逮捕なんてことはないでしょう』と楽観視できない」と危機感をあらわにする。

 逮捕された後不起訴になった場合でも、「逮捕歴が付くとアメリカに渡りたくてもビザが下りないなど、人生設計が狂うほどの影響がある」とし、学生など若い参加者のリスク管理のためにも勉強会の休止を決めたという。

 ただ、「このまま終わらせたくはありません。必ずいつか帰ってきます」としている。

 ozumaさんは、いたずらURL事件を摘発した兵庫県警に対して、どういった内容が摘発対象になるか説明した内部文書の写しを求める情報公開請求も行っている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.