ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年03月28日 16時44分 公開

Java 7、Java 8、Java 11、Java 12の新元号対応アップデート、4月16日に登場予定 オラクルが発表

[新野淳一,ITmedia]

この記事は新野淳一氏のブログ「Publickey」に掲載された「Java 7、Java 8、Java 11、Java 12の新元号対応アップデートが4月16日に登場予定。オラクルが発表」(2019年3月25日掲載)を、ITmedia NEWS編集部で一部編集し、転載したものです。

 Oracleは、4月1日に発表される予定の新元号に対応するためのJavaのアップデートを、Java 7、Java 8、Java 11(LTS)、Java 12を対象に4月16日にリリースする予定であることを明らかにしました(日本時間では4月17日になると思われます)。

photo

 「A new (Japanese) era for Java! | Oracle Java Platform Group, Product Management Blog」から引用します。

After the new era name is released, with the next update release (planned for April 16, 2019), all supported JDK releases: 7, 8, 11 LTS, and 12 will be updated to handle the new era.

 新元号の発表後、次のアップデートリリースにおいて(2019年4月16日に予定)、次の全てのJDKリリース、7、8、11 LTS、12は、新元号を扱うためにアップデートされる。

 Javaには、日付関連のjava.util.Calendarクラスと、Java 8以降に追加されたData and Time APIなどで元号を扱うことができます。

 下記はjava.util.Calendarクラスを用いた場合のサンプルです。新元号対応のアップデート後は、最後のコメントの部分の「元号」に新元号が入ることになります。また、新元号の「1年」が「元年」になっていることも分かります。

photo

 Java 8以降使えるData and Time APIを用いた場合のサンプルが以下。これも「元号」のところに新元号が入ります。

photo

 いずれも新元号から西暦への変換も行えるようになります。

 もちろん、Javaが新元号に対応したからといって自動的にアプリケーションが新元号に対応するとはかぎらないので、アプリケーションのコードもあらためて見直す必要があるでしょう。

 オラクル以外から提供されているJavaを利用している場合にも、新元号への対応は同様に行われるはずですが、アップデートがいつどのように配布されるかはベンダーの体制に依存しますので、それぞれの配布元に確認するようにしてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.