ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月01日 15時45分 公開

ポケモンGOに「サトシ帽子のピカチュウ」が再登場 エイプリルフール企画か

ポケモンGOで4月1日、「ポケットモンスター」シリーズの主人公サトシの帽子を被ったピカチュウが再登場。新AR(拡張現実)機能「GOスナップショット」で撮影した画像に映り込んだ後、フィールドに出現します。

[ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(以下、ポケモンGO)で4月1日、「ポケットモンスター」シリーズの主人公サトシの帽子を被ったピカチュウが再登場。新AR(拡張現実)機能「GOスナップショット」で撮影した画像に映り込んだ後、フィールドに出現します。昨年のドット絵に続くエイプリルフール企画と見られます。

出たけど、かぶりました

 GOスナップショットは、自分のポケモンボックスからポケモンを出して撮影できるAR撮影機能。ポケモン捕獲時にしか起動できなかった従来のAR撮影と違い、好きなときに好きな場所でポケモンを撮影できるのが特徴です。また、まれにドーブルが映り込む“サプライズ”があり、フィールド画面に戻ると近くにドーブルが出現します。カメラ機能でありながら、ポケモンの新しい捕獲方法にもなりました。

フィールド画面に出現。もちろんゲットできます

 サトシ帽子のピカチュウは、2017年7月にポケモンGOの配信一周年を記念して期間限定で出現したもの。今回はドーブルの代わりに写真に写り込み、同じようにフィールド画面に出現します。普段のドーブルより出現率は高めに設定されている模様で、実際に試したところ続けて3回出現しました。SNS等で出現した人たちの情報を集めてみたところ、3回から5回は出てくるようです。また日焼けしたように見える色違いのピカチュウ(通称:焦げピカ)がサトシ帽子を被って出現したケースも。

「カメラマン」メダルのサプライズ数にもカウントされます

 ポケモンGOでは、昨年(18年)のエイプリルフールでも、ポケモンボックスやポケモン図鑑、ニアバイなどに表示されるポケモンたちが昔懐かしい8ビットグラフィックスのドット絵になるサプライズがありました。

2018年のエイプリルフールではポケモンたちが昔懐かしいドット絵になりました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.