ITmedia NEWS >
速報
» 2019年04月05日 11時20分 公開

あの作業の妨げから解放――Windows 10の更新プログラム、最大35日のインストール延期が可能に

2019年5月に配信予定の「Windows 10 May 2019 Update」からは、Windows 10の機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方で、更新プログラム適用のタイミングをユーザーが選べるようになる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Microsoftは2019年4月4日(現地時間)、Windows 10の更新プログラムについて、5月の大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update」からはユーザーの判断で最大35日間、インストールを延期できるようにすると発表した。ユーザーによるコントロールを強化してエクスペリエンスを向上させ、Windows更新の品質向上を目指す。

image Microsoft Windows Blogの『Improving the Windows 10 update experience with control, quality and transparency』

 Windows 10の更新プログラムについてはこれまでインストールが自動的に開始されていた。しかしユーザーからは、これが作業の妨げになるという苦情も多く、いつ更新するかを自分でコントロールしたいという要望が寄せられていた。

 Windows 10の更新プログラムは、利用可能になった時点で通知を出して勧告を行うものの、ユーザーは最大で35日間、インストールを延期可能になる。35日が経過すると、更新プログラムを適用しなければ、再度の延期ができなくなる。

 この措置は、年に2回配信される機能更新プログラムと、毎月配信される月例更新プログラムの両方で、Windows 10 Homeを含むWindows 10の全エディションに適用される。

 ただし、サポート期間が終了している、または終了に近づいている場合は、自動的に機能更新プログラムのインストールを開始して、月例更新プログラムを引き続き受け取れるようにする。

 機能更新プログラムの品質については、Windows 10 May 2019 Updateからはプレビュー期間を延長する。検証にかける時間を増やし、エコシステムパートナーと連携してフィードバックを募ることで、正式リリース前に問題を発見できる態勢の強化を図る。また、機械学習技術にも引き続き投資して、影響の大きい問題の効率的な発見を目指す。

 Windows 10の機能更新プログラムを巡っては、Microsoftが2018年10月に配信した「Windows 10 October 2018 Update」(バージョン1809)をインストールしたユーザーからファイルが消失したという報告が相次ぎ、一時的に提供を中止したいきさつがある。

 Windows 10 May 2019 Updateは2019年4月8日の週からWindows Insider Programの「Release Preview Ring」で公開し、5月下旬から一般ユーザー向けの提供開始を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.