ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年04月05日 17時03分 公開

今年は有料か? 「Pokemon GOサマーツアー 2019」概要発表

米Nianticとポケモン社が「Pokemon GO サマーツアー 2019」の概要を発表した。6月のシカゴイベントは昨年までの倍となる4日間に拡大。アジア地域は「後日案内する」としているが、気になる記述も。

[ITmedia]

 米Nianticとポケモン社は4月5日、今夏に世界各地で開催するリアルイベント「Pokemon GO サマーツアー 2019」の概要を発表した。6月から8月にかけ、北米、欧州、アジア太平洋を各地域を巡る恒例イベントツアー。日本を含むアジア地域のイベントについては「後日案内する」としているが、気になる記述もあった。

「Pokemon GO Fest:Chicago」の告知画像。未実装の「ヒポポタス」登場か (c)2018 Niantic, Inc.(c)2018 Pokemon.(c)1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 今年で3回目の開催となる「Pokemon GO Fest:Chicago」(米国イリノイ州シカゴ)は、イベント開催期間をこれまでの2日間から4日間に拡大。シカゴを象徴する広大な公園「グラントパーク」で、スペシャルリサーチなど参加者限定のアクティビティが楽しめるという。イベント告知画像には「マンムー」や「アンノーン」の他に未実装の「ヒポポタス」が描かれており、進化先の「カバルドン」とともに追加実装も期待される。

 会期は6月13日(木)から16日(日、いずれも現地時間)で、開催時間はそれぞれ午前11時から午後7時。イベントのチケットは25ドル。Nianticの新しいチケットシステムを使い、4月中に発売予定だ。Nianticによると、トレーナーはゲームアプリ内でチケットを購入できるという。なお、一人のトレーナーが参加できるのは4日間のうち1日のみ。

「Pokemon GO Fest: Dortmund」のロゴマーク

ドイツ、アジアでも「Pokemon GO Fest」

 欧州ではドイツのドルトムントで、「Pokemon GO Fest: Dortmund」を開催する。会期は7月4日(木)から7月7日(日、いずれも現地時間)まで。「ヴェストファーレンパーク」を中心とした街全体が会場になるという。チケットは「今春後半に発売予定」だ。

 アジア地域のイベント開催地は明らかにされていないが、17年は横浜、18年は横須賀といずれも日本だった。ただ、昨年と異なりアジア太平洋地域のイベントも「Pokemon GO Fest Asia(開催地未定)」と表記している。

18年の「Safari Zone in YOKOSUKA」ではナマケロやダンバルなどレアポケモンが大量発生。地域限定のトロピウスもゲットできた

 ポケモンGOのイベントには無料の「Safari Zone」と有料の「Fest」がある。ドルトムントでは18年に無料のSafari Zoneを実施したが、今年はチケット制のFestに変わっており、アジア太平洋地域でも同様のシステムになる可能性は高い。ただし、Nianticの発表文には「2019年の後半には、複数の国と地域でSafari Zoneの開催を予定している」と書かれており、こちらに含まれる可能性もありそうだ。

 今年は有料イベントになるのか。無料のままか。そもそも日本でイベントが行われるのか。今後の発表に注目が集まりそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.