ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年04月08日 07時17分 公開

「Apple Music」、米国の有料会員数でSpotify超え──Wall Street Journal報道

サブスクサービスに注力するAppleの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の会員数が、米国で競合するSpotifyの有料会員数を初めて超えたとWall Street Journalが報じた。

[ITmedia]

 米Appleの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の米国でのサブスクリプション数が、競合するスウェーデンSpotifyの米国でのサブスクリプション数を初めて超えたと、米Wall Street Journal(リンク先は要購読)が4月5日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。

 music 1 Apple Musicは広告なしの有料サブスクサービスのみ

 両社とも公式にはユーザー数を公表していないが、Wall Street Journalによると、2月末時点で、Apple Musicの米国での会員数は2800万人で、Spotifyの有料会員数は2600万人だったという。Spotifyの広告付きの無料会員数を足せば、Apple Musicを超える。

 music 2 Spotifyには無料プランがある

 Spotifyは3月、欧州連合(EU)に対し、AppleがApp StoreでSpotifyに不利になるようなガイドライン変更などで健全な競争を阻害していると申し立てた(それに対し、Appleも反論している)。

 Appleは1月の決算発表で、Apple Musicの全世界での会員数が5000万人を超えたと発表している。同社のティム・クックCEOはApple Musicを含む同社のサービス部門の好調ぶりをアピールした。

 同社は3月25日のスペシャルイベントで、ゲームニュース動画のサブスクリプションサービスを発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.