ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月09日 11時23分 公開

AI採用ビデオ編集ソフト「DaVinci Resolve 16」登場

Blackmagic Designは、「DaVinci Neural Engine」を搭載した動画編集ソフト「DaVinci Resolve 16」を発表した。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Blackmagic Designが、動画編集ソフト「DaVinci Resolve 16」を発表した。Windows、Mac、Linuxに対応。無償版もある。有償版の「DaVinci Resolve Studio 16」は3万3980円(税別)。

 編集ワークフローが飛躍的にスピードアップする「DaVinci Resolve Editor Keyboard」(8月発売)も発表。

photo DaVinci Resolve 16

 テレビCMやニュース番組など、納期の短いハイエンドの作業に取り組むエディター用にデザインされた「カットページ」機能が追加されている。

photo DaVinci Resolve 16:カット

 編集スタイルに応じて作業中にエディットページとカットページを切り変えることも可能だ。

 有償版では、ニューラルネットワークと学習システム、人工知能(AI)を採用した「DaVinci Neural Engine」を搭載し、スピードワープのリタイミングの動き推定、フッテージをアップスケールするSuper Scale、自動カラーおよびカラーマッチング、顔認識などの新機能が追加されている。

photo DaVinci Resolve 16

 下にあるタイムラインのクリップにエフェクトやグレードを適用できる「クリップ調整」機能や、アプリケーション内どこからでもYouTubeとVimeoにプロジェクトをアップロードできる「クイックエクスポート」機能などが搭載されている。

photo DaVinci Resolve 16:クイックエクスポート

 オーディオ編集のFairlightページも大幅にアップデートされ、弾性波アラインメントが追加されたため、ビデオの台詞の置き換えで波形を引き伸ばして正確に同期できるようになっている。

photo DaVinci Resolve 16:Fairlight

 それ以外にも、没入型3Dオーディオのサポート、新しいバストラック、自動プレビュー、台詞スイートニング、新たなFairlightFXなどの機能も追加されている。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.