ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年04月15日 16時45分 公開

「改元を目前に、今すぐするべき準備」 経産省とマイクロソフトの説明会資料公開

改元に伴って必要な情報システムの改修などについて解説した、経済産業省・日本マイクロソフト共催の説明会の資料が公開。改元に当たって考慮すべきことや、Microsoft製品の更新時の注意点などについてまとめている。

[ITmedia]

 5月1日の改元に伴って必要な情報システムの改修などについて解説した、経済産業省・日本マイクロソフト共催の説明会の資料が4月12日、経産省のWebサイトで公開された(PDF)。改元に当たって考慮すべきことや、Microsoft製品の更新時の注意点などについてまとめている。

画像 公表された資料より
画像
画像
画像
画像
画像

 経産省とマイクロソフトによる説明会は2月に行われた後4月5日に追加開催されており、4月の説明会資料が今回、公開された。

 資料は全83ページ。文字コード対応やMicrosoft製品の対応スケジュール、更新プログラム適用の注意点、検証・確認のポイントなどをまとめている。

 また経産省は12日、ITベンダーに対して、改元に伴う情報システム改修やアップデートについて、顧客に十分な情報提供を行うことや、不具合が発生した際に広く周知すること、大型連休中の顧客からの問い合わせに対する窓口についても周知することなどを求める文書(PDF)も出している。

 これらの資料は、経産省サイトの「改元に伴う企業等の情報システム改修等への対応」にまとまっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.