ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年04月18日 11時10分 公開

講談社がKickstarterと協業 「出版の枠を超え世界のクリエイターを支援」

講談社がKickstarterとパートナーシップを結んだ。日本のクリエイターを世界に発信するとともに、世界のクリエイターの日本展開を支援する。

[ITmedia]

 講談社は4月18日、米クラウドファンディングサイト大手のKickstarterとパートナーシップを結んだと発表した。出版の枠を超え、日本のクリエイターを世界に発信するとともに、世界のクリエイターの日本展開を支援する。「講談社が抱える編集者の企画・編集力を出版分野に関わらず提供することで、クリエイターの才能を最大化し、世界に発信する」としている。

画像 ニュースリリースより

 講談社はKickstarterとともに、日本のクリエイターの発掘やクラウドファンディングプロジェクトの立ち上げ、プロジェクトの運用を支援。Kickstarterを通じて日本のクリエイターが世界展開に挑戦する機会を創出する。

 また、Kickstarterがサポートする、コミックやゲーム、ジャーナリズム、食べ物、デザインなど全15カテゴリーについて、世界のクリエイターによる日本展開をサポートする。

 第1弾として、国内外からクリエイターが集まって学べる専門ラウンジ「キックスターターセッションズ」を5月、都内にオープン。体験型ワークショップやセミナーなどを定期的に開く。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.