ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年04月18日 12時27分 公開

Facebook、過去3年で150万人分の連絡先データを無断で収集──Business Insider報道

Facebookが2016年5月から、新規ユーザー登録の際にメールのパスワードを入力させ、事前了承なしにユーザーの連絡先データを集めていたとBusiness Insiderが報じ、Facebookもこれを認めた。既に保存している約150万人分のデータは削除し、該当ユーザーには通知するとしている。

[ITmedia]

 米Facebookが2016年5月から、約150万人のユーザーの連絡先データを収集していたと、米Business Insiderが4月17日(現地時間)に報じた。Facebookはこれを認め、同メディアに対し、集めたデータは削除して影響を受けたユーザーに通知すると語った。

 Facebookは、これは“意図せず”行ったことであり、データを第三者に提供したりはしていないと語った。

 この問題はFacebookに新規にユーザー登録しようとすると、メールのパスワードを求められることに気づいたセキュリティ研究者が発見した。パスワードを入力すると、事前に許可を求めることもせずに連絡先をインポートしたという通知が表示されるという。

 facebook Facebookアカウント作成についてのヘルプページ

 Facebookは声明文で「アカウント作成時にパスワードを求めるオプションは先月終了した」としている。

 Facebookはこれまでも、個人情報をユーザーに無断で集めたり、バグで個人情報を公開状態にしていたりといった問題をメディアに非難されてはそれを認めることを繰り返している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.