ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年04月18日 15時04分 公開

東京五輪のチケット抽選申込、5月9日から 高額転売対策は?

東京オリンピックの観戦チケットの抽選申し込み受け付けは5月9日午前10時から。チケットの無断転売を禁止しつつ、購入した後行けなくなった人が定価で転売できる「公式リセールサービス」を提供する。

[岡田有花,ITmedia]

 東京2020組織委員会は4月17日、東京オリンピックの観戦チケットの抽選申し込み受け付けを、5月9日午前10時から、公式チケット販売サイトで行うと発表した。

 人気の競技のチケットは、業者などによる高額転売の横行も心配されているが、組織委は今回、チケットの無断転売や、複数ID取得による購入を禁止。購入後に行けなくなった人が定価で転売できる「公式リセールサービス」も提供するなどして、高額転売を防ごうとしている。

画像 東京2020公式サイトより

 抽選に参加できるのは日本国内在住者のみ。「TOKYO 2020 ID」を登録して抽選に申し込む。当選枚数は1人当たり最大30枚まで。申し込みは5月28日まで。6月20日に抽選結果を発表し、7月2日までに購入手続きを行う。決済手段は現金とVISAカードのみ。

 複数のIDを取得して抽選申込を行うことは禁止しており、禁止行為が発覚した場合はチケットを無効にする場合があるとしている。

 チケットの無断転売も禁止。「オークションサイトやSNSなどの非公式チャネルには、無効なチケットや偽チケットが出品される恐れがある」と注意を呼びかけている。

画像
画像

 チケット購入後、行けなくなった場合は、「公式リセールサービス」で定価で転売できる。サービスは2020年春以降に提供予定だ。

 また、チケットには来場予定者の氏名を事前に登録する必要がある(変更も可能)ほか、チケット券面上に、購入者の氏名が記載される。会場で本人確認する場合もあるという。

 組織委は、2019年6月に施行される、チケットの不正転売を禁止する法律も紹介し、「東京2020大会のチケット不正転売は、法律によって禁止されます」と警告している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.