ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年04月22日 18時10分 公開

ドワンゴ、3Dアニメ制作の新事業「TUNEDiD」始動 都内最大級のモーションキャプチャースタジオを開設

ドワンゴが、CG映像制作を行う新事業のブランド「TUNEDiD」を立ち上げ。都内最大級のモーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」を開設した。

[ITmedia]

 ドワンゴは4月22日、CG映像制作を行う新事業のブランド「TUNEDiD」(チューンディッド)を立ち上げたと発表した。制作スタジオ「TUNEDiD film」、都内最大級のモーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」を開設。法人向けに3Dアニメや、キャラクターのバーチャルライブ映像を制作する。

photo TUNEDiD studioの内観
photo 多人数モーションキャプチャーが可能

 TUNEDiD studioは、都内でも最大規模という約12(幅)×約8(奥行き)×約6(高さ)メートルの空間に54台のモーションキャプチャーカメラを設置し、同時に10人以上のCGキャラにリアルタイムで動きを反映できるという。モーション収録だけでなく、ライブイベントなどでの活用も見込んでいる。

 同スタジオは、既にテレビアニメ「バーチャルさんはみている」のCG制作に利用されている。同作は、さまざまなバーチャルYouTuberが登場するコメディー番組で、TOKYO MXなどで1月〜3月に放送された。

photo ©DWANGO Co., Ltd.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.