ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年04月24日 08時32分 公開

Beats版AirPods「Powerbeats Pro」、そのこだわりは? (1/3)

Beats by Dr. Dreによる完全ワイヤレスイヤフォン「Powerbeats Pro」。そのハンズオンレポート。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Beats by Dr. Dreは4月23日、メディア向けに完全ワイヤレスイヤフォン「Powerbeats Pro」の製品説明会を開催した。

photo Powerbeats Pro

 Beats by Dr. Dreのプレジデントであるルーク・ウッド氏が製品について詳しく語った。

 FCC(連邦通信委員会)認証された書類から、AirPods (2nd generation) と同じBluetooth 5.0仕様だと明らかになっている。

 2019年5月発売予定だったが、5月中に発売されるのはアメリカとカナダでのみ。日本は2019年6月発売に延期されると説明された。

photo Powerbeats Pro

 Powerbeats Pro ブラックが先行発売となり、アイボリー、モス、ネイビーは、その後順次発売する予定。

 高い製品品質を求めるためというのがその理由だ。

 2年半前からゼロベースで開発されてきた同製品は、Powerbeats3 Wirelessイヤフォンなどが採用するポリマーナノコンポジット材を使用したティンパニックドライバではなく、異なる振動板素材を使用したピストニックドライバを採用。

photo Powerbeats Pro(ブラック)

 振動板全体が均一に振動することでサウンドの分解性能が向上し、継続利用時におけるドライバの劣化も少ないという。

 ヘッドユニットには、フロントチェンバー、バックチェンバーのために、レーザー加工による空気を逃がすベント穴が2つ空けられている。

photo Powerbeats Pro(アイボリー)

 ヘッドユニットのノズルの向きを最適化することで、サウンドと快適な装着感の両立を実現しているという。

 イヤーフックも再設計し、また、Appleの人間工学チームと共同でハウジングも新設計している。

photo Powerbeats Pro(ネイビー)

 Powerbeats3 Wirelessイヤフォンのイヤーフックに関するフィードバックも反映しているそうで、フィットネス系イヤフォンとして高い装着性能を持つ。

 Fast Fuel機能により5分間の充電で約1時間半の連続再生が、15分間の充電で約4時間半の連続再生が可能。

photo Powerbeats Pro(モス)

 充電ケースを使用すれば、最長24時間の連続再生が可能だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.