ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年04月25日 12時36分 公開

エンジニア転職サイト「Qiita Jobs」公開 開発チームが直接求人、利用技術や開発フローなど掲載

エンジニア転職支援サービス「Qiita Jobs」がオープン。企業単位での求人ではなく、開発チームが直接求人を掲載する仕組みで、ミスマッチを防ぐ。

[ITmedia]

 プログラマー向け情報共有サイト「Qiita」を運営するIncrements(エイチーム子会社)は4月24日、エンジニア転職支援サービス「Qiita Jobs」をオープンした。企業単位での求人ではなく、開発チームが直接求人を掲載し、利用技術や開発フローなどを紹介する仕組みで、転職後のミスマッチを防ぐ。

画像
画像

 求人ページには、チームが開発しているプロダクトの情報や利用技術、開発フロー、コードレビューや技術的負債への考え方、チームメンバーの紹介などが、所属するメンバー自身により登録されている。チームに興味を持ったら、メンバーのエンジニアとチャットで会話でき、一緒に仕事をしたいと思えば求人に応募できる。選考に通った場合は応募したチームに必ず配属されるという。

 企業はQiita Jobsのアカウントを取得した上で、Qiitaアカウントを持つエンジニアのみに募集要項を書く権限を持たせることができる。

 既に100社以上が導入を希望しているという。「マッチングの精度を高めるために、サービスの状況を見ながら掲載企業の拡大を進める」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.