ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年05月10日 08時34分 公開

Uber、公開価格は仮条件の下限近い45ドルで約81億ドル調達へ

ソフトバンクが最大株主の米Uber Technologiesが10日に予定しているIPOの価格を1株当たり45ドルと発表した。先行する競合LyftのIPO後の株価急落を背景に、仮条件時のほぼ最低価格での公開だ。

[ITmedia]

 米配車サービスのUber Technologiesは5月9日(現地時間)、10日に予定している新規株式公開の価格を1株当たり45ドルに設定したと発表した。調達額は81億ドルに上る。

 45ドルというのは、以前発表した仮条件(44〜50ドル)の下限に近い。米中貿易不安の高まりや3月に上場した競合の米Lyftの株価急落を背景とした価格設定とみられる。

 lyft Lyftの株式公開以降の株価変動

 Uberにビジョン・ファンドでトヨタなどとともに10億ドル出資しているソフトバンクの孫正義社長は日本時間の9日に開いた決算説明会で、Uberの企業価値は、ソフトバンクが同社の15〜20%の株式を取得した際の480億〜500億ドルから、8月末までに700億ドル(約7兆9000億円)以上に増加したと語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.