ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年05月11日 07時00分 公開

Googleの廉価版スマホ「Pixel 3a/3a XL」で満足できる? 質感と見た目の第一印象を確かめた (2/3)

[山口恵祐,ITmedia]

ディスプレイの質はわずかに劣る?

 Pixel 3aは5.6インチ(2220×1080ピクセル、441ppi)、Pixel 3a XLは6インチ(2160×1080ピクセル、402ppi)の有機EL(OLED)ディスプレイを搭載している。ミドルレンジモデルながら、スマホで主流になりつつあるOLEDを搭載してきたのは評価できる。

 Pixel 3 XLとPixel 3a XLでは、ディスプレイそのものの見た目も大きく異なる。Pixel 3 XLはディスプレイの上部にノッチ(切り欠き)があったが、Pixel 3a XLでは平らになっている。さらに横のベゼルもわずかに太くなっている。ギリギリまで表示領域があるデザインはトレンドであるだけに、Pixel 3a XLの平凡な見た目は好みが分かれそうだ。

photo 「Pixel 3a XL」(左)と「Pixel 3 XL」(右)
Pixel 3 Pixel 3a Pixel 3 XL Pixel 3a XL
画面サイズ 5.5インチ 5.6インチ 6.3インチ 6インチ
解像度 2160×1080ピクセル 2220×1080ピクセル 2960×1440ピクセル 2160×1080ピクセル
ppi 440ppi 441ppi 523ppi 402ppi

 ディスプレイのスペックを比べると、大きな変化があるのはPixel 3 XLとPixel 3a XLだ。Pixel 3 XLの6.3インチ(2960×1440ピクセル、523ppi)に対し、Pixel 3a XLは6インチ(2160×1080ピクセル、402ppi)とスペックは控えめになった。

 いずれも表示品質は十分にきれいで、写真や動画を不満なく楽しめる。強いて言うならば、Pixel 3 XLとPixel 3a XLについてはしっかり見比べると差を感じたのは事実だ。Pixel 3a XLはアイコンやテキストをじっくりと観察すると多少のギザギザ感があり、1インチあたりのピクセル数(ppi)などのスペック差が現れた。

photo マクロレンズで撮影してみた

 写真の鮮やかさについては、同条件でPixel 3a XLのほうが色の濃さを感じたことも付け足しておくが、個体差の可能性もあるので気になる人は店頭でじっくり見比べるのがいいだろう。

photo 写真では伝わりにくいが、「Pixel 3a XL」のほうが色の濃さを感じた
photo 編集部にある個体では、ディスプレイを見る角度を変えたときの色味の変化はPixel 3a XL(右)が自然だった

 スマホの登場から10年以上が経過し、年号も令和になった。タッチパネル感度や操作性は快適であることが当たり前で、もはや言及する時代ではないので省略する(Pixel 3a/3a XLは快適)。

プロセッサはミドルレンジに変更、3Dゲームをしないなら問題なし

 Pixel 3a/3a XLのプロセッサは、Pixel 3/3 XLで採用していたハイエンドのSnapdragon 845から、ミドルレンジのSnapdragon 670に変更されている。これで実際の使い勝手に大きな変化が生まれるかといえば、そうではない。多くの人にとって十分な性能を持っている。

 実際にPixel 3a/3a XLでメッセージアプリや電話、コード決済アプリ、地図アプリ、ブラウジング、パズルゲームなど、日常で使うアプリを一通り試したが、全くもって快適に使えた。カメラで撮影した写真にAI処理で背景ぼかしを加えるポートレートモードでは処理の時間が多少長くなっていると感じるなど、一部アプリではハイエンド機との差がみられるが、ほとんど気にならないレベルであり、そこに数万円の差の価値を見いだす人も一部だろう。

 この違いを気にするべきは、3Dを多用するような重いゲームアプリを多くプレイする人だ。試しにベンチマークアプリの「AnTuTu」を起動してみると、スコアはさておき、3Dテストの場面で分かりやすく処理が重くなる様子が見られた。

photo 「Pixel 3a XL」(上)と「Pixel 3 XL」(下)

 スマホをゲーム機として使ったり、画像や動画の編集などに多用したりするヘビーユーザーは上位モデルを選ぶべきだ。逆にそれ以外の用途が中心となる一般的なユーザーであれば、問題なくPixel 3a/3a XLが選択肢に入る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.