ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年05月13日 14時28分 公開

「うんちの回数は何回でしたかニャン?」 Googleアシスタントが子猫の育成サポート

子猫の育て方を音声で案内してくれるGoogleアシスタント対応アプリ「育ニャンナビ」が登場した。

[ITmedia]

 「うんちの回数は何回でしたかニャン?」――マースジャパンは5月13日、子猫の育成を音声やテキストでサポートするGoogleアシスタント対応アプリ「育ニャンナビ」(無料)を、キャットフードブランドの「カルカン」から提供開始した。

猫 Googleアシスタント対応アプリ「育ニャンナビ」

 スマートスピーカーの「Google Home」や、Googleアシスタント搭載のスマートフォンなどで利用できる。「OK Google、育ニャンナビにつないで」と話しかけてアプリを起動し、子猫の名前、生年月日、性別などの基本情報を登録すると、成長に応じて食事の量や回数、トイレの世話などをアドバイスしてくれる。

猫
猫

 例えば、「今日の○○ちゃんの体重は何キロでしたかニャン?」という質問に「1.5キロ」と答えると、「○○ちゃんの今日必要なゴハン量の目安は、246キロカロリーですニャッ。それを、3〜4回に分けて与えるのがおすすめですニャッ」と助言してくれる。また、おしっこやうんちの回数を登録することで健康管理をサポートする。

 アプリは、マースジャパンの獣医師が監修した子猫の育て方に関する情報サイト「まるわかり!子ねこ生活ガイド」のデータを基に開発した。

 同社は、子猫を飼うときは「野良猫を拾った」「友人や知人から飼育を頼まれた」などの理由で突然飼い始めるケースが多く、そうした初心者向けに適切な情報を提供するためにアプリを開発したとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.