ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年05月15日 12時19分 公開

ドクターマーチンのインク店頭販売、今年後半に再開へ それまでは「Amazonで買って」 米販売元が声明

アナログイラストなどに使われる「Dr.Ph.Martin's」(ドクターマーチン)のインクについて、製造・販売する米社は「今年後半に日本の小売店での販売を再開する」との声明を発表した。

[岡田有花,ITmedia]

 アナログイラストなどに使われる「Dr.Ph.Martin's」(ドクターマーチン)のインクについて、日本の代理店が年内いっぱいでの取り扱い終了を発表し、画材店が相次いで販売終了をアナウンスした件に関連し、同インクを製造・販売する米Salis Internationalがこのほど、「今年後半に日本全国の小売店での販売を再開する」との声明を発表した。それまでは、Amazon.co.jpの公式セラーアカウントから購入するようすすめている。

画像 声明より

 ドクターマーチンのインクは米国で1934年に発売。透明度が高く鮮やかな発色で知られ、日本のイラストレーターや漫画家にも愛用者は多い。日本では、代理店のバニーコルアートが30年以上にわたって扱ってきたが、「Salis Internationalからの大幅な価格改定」を理由に、19年内いっぱいでの取り扱い中止を決定。これを受けて画材店が相次いで販売終了をアナウンスし、「ドクターマーチンが店頭で入手できなくなる」とTwitterで話題になっていた。

 これを受けてSalisはこのほど、「ドクターマーチンは、日本市場から撤退することはない」とする日本語リリースを、英文公式サイトに掲載した。日本の店頭で在庫が少なくなっているのは「主要販売代理店との間で行き違いが発生したため」としており、現時点では、Amazon.co.jpの同社公式セラーアカウント「Dr. Ph. Martin’s (JP)」から購入してほしいと案内した。また、「今年の後半に、日本全国の小売店での販売を再開する」としており、小売店での扱いも再開されるようだ。

画像 Amazon.co.jpのセラーページより

 ドクターマーチンの日本語公式Twitterアカウント「@drphmartins_jp」も開設。質問や意見はTwitterで受け付けているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.