ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年05月16日 11時20分 公開

LINE Pay、300億円山分けキャンペーン開催 「自己負担なし」で友だちに1000円送れる

「LINE Pay」で、300億円相当の“山分け”キャンペーンが始まる。自己負担なしで「友だち」同士で1000円相当の電子マネーを送り合える。

[片渕陽平,ITmedia]

 LINEは5月16日、モバイル決済サービス「LINE Pay」で、300億円相当の“山分け”キャンペーンを行うと発表した。ユーザーはLINE Payの送金機能を活用し、自己負担なしで「友だち」同士で1000円相当の電子マネーを送り合える。

photo

 実施期間は5月20〜29日。ユーザーへ付与した総額が300億円に達した時点で終了する。送れる人数に制限はないが、受け取れる額は1人当たり最大1000円まで。

 「LINE」アプリ上のバナーをタップすると、キャンペーンサイトに遷移。サイト内の「無料で1000円相当を送る」ボタンを押し、LINEの「友だち」リストから送りたい人を選ぶことで送金できる。プレゼントする1000円相当はLINEから付与されるので、送る側のLINE Pay残高は減少しない。

 送る側が上記の手続きを終えると、受け取る側のLINEにメッセージが届き、1000円相当がLINE Pay残高に追加される。利用には、LINE Payへの事前登録と本人確認の手続きが必要。

photo

 LINEの舛田淳CSMO(最高戦略マーケティング責任者)は、16日の記者会見で「LINE史上最大の還元祭を開催する」と宣言。「キャンペーン終了後すぐに高還元率のキャンペーンも用意している。友人同士で1000円相当の電子マネーを送り合い、その後、別のキャンペーンの期間中に店舗の支払いなどに使ってもらう――というサイクルを生み出したい」と話した。

【編集履歴:2019年5月16日12時33分 ※1人当たりの還元額の上限など、キャンペーンの詳細を追記しました】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.