ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年05月29日 07時44分 公開

次期iOS 13の流出画面で分かること

流出したiOS 13のスクリーンショットで、WWDC 2019で紹介されるであろう新機能を予想する。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 WWDC 2019にて発表されると噂される「iOS 13」のスクリーンショットを9to5Macが掲載している

photo 9to5Macより

 iOS 13では、macOS Mojave、Android 10.0 Qなどと同じダークモードを搭載すると噂されているが、その設定はコントロールセンターから行うことが可能で、有機ELディスプレイ搭載端末の場合、黒を表現する部分は完全に発光をオフにするためバッテリー寿命に貢献する可能性がありそうだ。

 スクリーンショット後の編集画面も少し新しくなり、共有ボタンが上部に移動し、削除ボタンも常時表示されるようになるようだ。

 リマインダーアプリは一新され、iPadでは「Today」、「Scheduled」、「Flagged」、「All」の各ボックスに大きなサイドバーがあり、検索ボックスとユーザーのリマインダーリストのグループも含まれるという。

photo 9to5Macより

 このアプリはmacOS 10.15にも搭載される予定で、iOS 12.2以降のWalletでiOSに導入されたSF UI Roundedフォントを使用。

 iPhone を探すアプリと友達を探すアプリは「Find My」という機能統合された新しいアプリに変わり、iPad上では2つのアプリのすべての機能を含めて大幅に改善されているそうだ。

photo 9to5Macより

 デバイスのスクリーン全体を埋める大きなマップが表示され、ダークモードが有効になっていると、マップはダークモードが有効になっているmacOSのマップと同じように見えるそうだ。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.