ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年05月29日 11時28分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2019:HPの「VR Backpack」、新モデルは30%性能アップ、少し値下げで今夏登場

HPがVRヘッドセットと接続して背負うバックパック型ウェアラブルワークステーション「HP VR Backpack G2」を発表した。日本でも販売しているBackpack G1の後継モデルで、性能は30%アップし、米国での販売価格は500ドル安くなった。今夏登場予定。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米HPは5月27日(現地時間)、COMPUTEX TAIPEI 2019の開催に合わせ、バックパック型ウェアラブルワークステーション「HP VR Backpack G2」を発表した。今夏中に発売する計画だ。米国での販売価格は3299ドル(約36万円)からと、先代より500ドル安くなる。

 backpack 1 「HP VR Backpack G2」

 2017年8月に発表した「HP Z VR Backpack G1 Workstation」の後継モデル。VRを活用した訓練や研修などでの利用を想定したPCで、PCとの接続が必要なヘッドセットを接続し、背負ったままVR空間内をケーブルを気にせず移動できる。

 backpack 2 利用方法

 BackPack G1は日本でも税別56万円で販売されていたが、5月10日に販売終了した。

 BackPack G2は、プロセッサは第8世代のCore i7-8850HQ(2.6GHz/最大4.3GHz)を、グラフィックスコアはNVIDIAのRTX 2080/8GBを搭載。メモリは32GBまで、ストレージは1TBまで拡張可能。OSはWindows 10 Pro 64bit版だ。HPによると、先代より性能は30%、グラフィックス性能は25%向上したという。重さはメモリやバッテリー構成などにもよるが、2.5〜4.7キロ。先代より数百グラム軽くなっている。

 backpack 3 先代同様、デスクトップPCとしても使える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.