ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年05月30日 15時36分 公開

自宅でSuicaカードにチャージできるサービス、20年9月で終了 「パソリ」利用者減少で

自宅のPCなどからSuicaにチャージなどができるネットサービスが20年9月に終了する。

[山口恵祐,ITmedia]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)はこのほど、PCから交通系電子マネー「Suica」のプラスチックカードにチャージ(入金)したり、SuicaをECサイトのネット決済などに使える「Suicaインターネットサービス」の提供を2020年9月に終了すると発表した。今後は駅の券売機やコンビニでのチャージ、「モバイルSuica」を利用するように呼びかけている。

photo

 Suicaインターネットサービスは、PCとUSB接続の非接触ICカードリーダー/ライター「PaSoRi」(パソリ)などを組み合わせて使うネットサービス。自宅のPCからSuicaのチャージや利用履歴の確認、登録情報の変更などが行える。Amazon.co.jpや楽天市場、DMM.comなど、対応するECサイトの決済などにも使える。

 電子マネーのチャージやSuicaの利用登録などは20年9月まで、利用履歴の確認や登録情報の変更は21年2月頃まで。

 ネット決済は加盟店により終了時期が異なるが、20年5月までに全店舗で終了する。

photo

 ネット上では「子供に持たせるSuicaのチャージに使っていた」「オートチャージが使えない関東圏以外の出張時に便利だった」といった反応がある一方で、「(他のサービスがあるので)ほとんど使わない」という人も少なくないようだ。

 サービスの終了について、JR東日本は「代替となるサービスが浸透しており、専用のICカードリーダーを用意して使う方が、かなり減っているため」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.