ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年06月04日 15時08分 公開

WWDC 2019:最高性能Mac Pro (2019) とPro Display XDRをじっくり触ってきた

WWDC 2019での新Mac Proハンズオンで分かったこと。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが、WWDC 2019において発表した「Mac Pro (2019)」と、6K Retinaディスプレイ「Pro Display XDR」のハンズオンに参加してきた。

photo Pro Display XDR/Mac Pro (2019)

 Mac Pro (2019)は5999ドル(約66万)から、Pro Display XDRは4999ドル(約56万)からで、2019年秋に発売される。

 最大28コアまで拡張できるIntel Xeon Wプロセッサ(2.5GHz、Turbo Boost 4.4GHz)、最大1.5TBメモリ、8基のPCIe拡張スロット、AMD Radeon Pro Vega II Duo(最大2枚)、8K ProRes RAWビデオストリームを3本まで同時再生できる画期的なアクセラレーターカード「Apple Afterburner」も搭載できる。

photo Pro Display XDR/Mac Pro (2019)

 背面には、USB 3ポート×2、Thunderbolt 3ポート×2、10Gb Ethernet×2、ヘッドセットに対応する3.5mmヘッドフォンジャックを装備している。

photo Mac Pro (2019)

 最先端の熱アーキテクチャを装備して合計300ワット超の電力を供給できる。

 Mac Pro (2019) 本体のトップ部分には電源ボタン、Thunderbolt 3ポート×2が装備されている。

photo Mac Pro (2019)

 トップにあるハンドルを回してアルミニウム製のハウジング(筐体)を引き上げれば、360度どこからでもシステム全体にアクセスすることができる。

 ハウジングは美しい格子パターンを備え、これが空気の流れを最大限まで高め、静音性を実現した稼働が可能となる。

photo Mac Pro (2019)

 脚は、オプションでキャスターに変更することが可能。

 ステンレススチール製のスペースフレームと、システム全体に360度のアクセスを可能とするアルミニウム製のハウジング(筐体)を大きな特徴としている。

photo ,photo,Mac Pro (2019)

 このフレーム部分だけの展示があり、iPad ProでAR表示することでMac Pro (2019)の構造を知ることが出来る展示もあった。

Pro Display XDR

 Pro Display XDRは、LEDの巨大なアレイ(配列)を用いたダイレクトバックライトシステムを採用し、フルスクリーン輝度で1000ニト、ピーク輝度で1600ニトを実現している。

photo Pro Display XDR

 美しいアルミニウム製のエンクロージャに収めた、端から端まで広がるガラスと9ミリメートル幅の細い境界という、高度に機能的で柔軟なデザインを特徴としている。

 Mac Pro (2019) と同じアルミニウムの格子パターンをヒートシンクとして利用する先進的なサーマルシステムにより、Pro Display XDRはフルスクリーン輝度の1000ニトをいつまでも保つことができ、この解像度のディスプレイでは決して得られなかった数字を実現している。

photo Pro Display XDR

 Pro Standは巧妙に設計された専用アームで、Pro Display XDRを完璧なバランスで支え、ほとんど重さを感じさせずに、ディスプレイを狙った位置に簡単にセットできる。

 反射光を抑えるために、Pro Display XDRでは業界トップクラスの反射防止コーティング技術を採用している。

photo Pro Display XDR

 回転してポートレートモードに切り替えることもできる。

 反射率を下げてグレアを抑えるために、ディスプレイ表面のガラスにナノメートルレベルの微細なエッチングを施す「ナノテクスチャー」と呼ばれる画期的で新しいマット(非光沢)オプションも提供される。

 Thunderbolt 3接続で、MacBook Pro (15-inch, 2019) と接続した展示が行われていた。

photo Pro Display XDR

 iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) は、USB-C接続でPro Display XDRに接続されていた。

写真:#アップルノート

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.