ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年06月12日 10時02分 公開

Facebook、ユーザーデータ収集アプリをまたリリース(Android版のみ)

Facebookが、1月に批判を受けて終了した「Facebook Research」に代わる新たな市場調査アプリ「Study」をリリースした。ユーザーがインストールするとデバイス、アプリ、ネットワークなどの情報を自動的に収集し、対価をPayPalで支払う。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月11日(現地時間)、新しい市場調査アプリ「Study」を発表した。インストールしたユーザーのデバイス、アプリ、ネットワークなどの情報を自動的に集め、対価を支払うというものだ。まずは米国とインドで、Android版をリリースした。

 study 1 Facebookの「Study」はAndroid版のみ

 同社は3年前からStudyと同じようにユーザーの詳細な個人データを買い取るアプリ「Facebook Research」を提供していたが、1月に問題を指摘された後、このアプリによるデータ収集を終了していた。

 Facebookはこのアプリでは「透明性を提供し、人々の情報を安全かつ安全に保つ」としている。

 このアプリを管理するのはFacebook Researchと同じApplauseという企業。同社が登録プロセスや参加者への報酬、カスタマーサポートを管理する。

 参加による報酬額は公表されていない。誰でも参加できるのではなく、ターゲットになったユーザーに広告が表示され、そこからアプリをインストールできる。支払いはPayPalで行う。

 Facebookは、ユーザーID、パスワード、写真や動画、メッセージなどのコンテンツは収集せず、サードパーティに情報を提供したり、広告ターゲティングに利用したりしないとしている。

 study 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.