ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年06月17日 15時11分 公開

HTC、VRヘッドセット2機種を日本で発売 視線追跡できる「VIVE Pro Eye」とスタンドアロン型「VIVE FOCUS PLUS」

HTC NIPPONは、視線追跡機能を搭載したVRヘッドマウントディスプレイ「VIVE Pro Eye」と、スタンドアロン型の「VIVE FOCUS PLUS」を28日に発売する。

[ITmedia]

 HTC NIPPONは6月17日、視線追跡機能を搭載したVRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)「VIVE Pro Eye」と、スタンドアロン型のVR HMD「VIVE FOCUS PLUS」を28日に発売すると発表した。価格は順に18万6120円、8万9750円(いずれも税別)。

photo VIVE Pro Eye

 VIVE Pro Eyeは、既存モデル「VIVE Pro」に赤外線センサーを搭載し、眼球の動きや焦点を捉える機能を追加した。視線の方向、瞳孔の位置とサイズ、まぶたの開閉といったデータを取得可能。画面上のボタンなどを注視して画面を操作できる。

 ユーザーが商品を購入するまでの視線の動きを分析する――といった活用を見込み、「アンケートだけでは分からないユーザーの意思決定プロセスを把握できる」という。

 VR空間上でアバターを使って会議を行う場合は、目の動きをアバターにリアルタイムで反映でき、表現力の向上につながるとしている。

 3.5インチのデュアルOLEDディスプレイ(片目は1440×1600ピクセル、合計2880×1600ピクセル)を搭載する。リフレッシュレートは90Hz、視野角は110度。

 VIVE FOCUS PLUSは、スマートフォンやPCとの接続が不要なVR HMD「VIVE FOCUS」を改良し、装着しやすくした。両手のコントローラーは、超音波で動きを捉える方式を採用し、6DoFに対応する。

photo VIVE FOCUS PLUS

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.