ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年06月20日 11時32分 公開

Google、プライバシーを保護しながらデータセットを解析する「Private Join and Compute」をオープンソース化

Googleが、プライバシー保護の取り組みの一環で、データを暗号化したまま処理するツール「Private Join and Compute」をオープンソースで公開した。

[ITmedia]

 米Googleは6月19日(現地時間)、ユーザーのプライバシーとセキュリティを守る取り組みの一環として、MPC(マルチパーティーコンピューティング)ツール「Private Join and Compute」をGitHubでオープンソースで公開した。

 MPCは、データを暗号化したまま処理する技術「秘密計算」の一種。複数のサーバに保存した暗号化済みのデータを、暗号化したまま処理できる。複数の企業が他の企業に自社の顧客データなどのコンフィデンシャルな情報を読み取れないようにしたまま、データを共同研究などに利用できる。

 mpc

 Googleは、「個人のプライバシーを保護しつつ、データから貴重な洞察を得るために絶えず新しい研究に投資している」という。同社は、このツールが公共政策、多様性と包括性、医療、自動車の安全基準など、業界を横断して広く採用されることを期待しているとした。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.