ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年06月07日 12時43分 公開

Microsoft、セレブ(以外も含まれていた)顔データセットをひっそり削除──Financial Times報道

Microsoftが2016年に公開した約100万人の顔画像を含むデータセット「MS Celeb」に非セレブの個人画像も含まれていたとFinancial Timesが指摘した後、Microsoftがこのデータセットを削除した。

[ITmedia]

 米Microsoftが、2016年に公開した約100万人の顔画像を含むデータセット「MS Celeb」を削除したと、米Financial Timesが6月6日(現地時間)に報じた。

 このデータセットはパブリックに利用可能とされており、IBM、パナソニック、Alibaba、Nvidia、日立、Microsoft自身が利用していたという。顔画像はネット上でCreative Commonsライセンスの条件下で公開されている著名人(セレブ)の画像とされていたが、独ベルリンに拠点を置くコンピュータビジョンのアーティストであり研究者であるアダム・ハーベイ氏が調査したところ、ジャーナリストなど、セレブとは言えない個人のデータも含まれていた。

 celeb MS Celebは2016年に公開された

 MicrosoftはFinancial Timesからの問い合わせの後、このデータセットを削除した。同社は削除の理由を「既に退社した従業員が運営していたもの」であり、「研究課題が終了したため」だとコメントした。

 MS Celebは既に使えないが、ハーベイ氏によると、削除前にこのデータセットをダウンロードした研究者や企業はこれを使い続けられる。また、オープンソースのWebサイト上で共有されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.