ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年04月23日 11時26分 公開

入出国ゲートの顔認証システムで不法長期滞在者発見に成果──米国土安全保障省

米国土安全保障省が2017年から国際空港に設置している顔認証システムにより、不法長期滞在者の発見の成果が上がっていると報告した。4年以内に米国から出国する旅客の97%にこのシステムを適用する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国土安全保障省(DHS)は4月17日(現地時間)、2018年の入出国および長期滞在者に関する報告書(リンク先はPDF)を公開した。

 dhs

 この中で、向こう4年以内に、米国から出国する旅客の97%に対し、顔認識システム(Advanced Passenger Information System、APIS)を使うという予測を示した。このシステムは2017年から段階的に採用されており、2018年末時点で米国の15の国際空港に設置されている。

 顔認識システムは、出国ゲートに設置されたカメラで旅客の顔を撮影し、その写真をビザとパスポートの顔写真から集めた画像ライブラリと照合する。

 dhs 2 APISの画面

 このシステムの目的は、ビザが切れた不法長期滞在者の検出だ。これまで、1万5000便でビザの切れた乗客7000人を確認したとしている。

 DHCは、今後も旅客に関するデータの収集を続け、その成果を少なくとも年1回報告していく計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.