ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年08月25日 08時10分 公開

米国際空港の顔認証ゲート、導入3日目に不法入国者を初逮捕

8月20日に顔認証ゲートを導入したワシントンのダレス国際空港で22日、システムがパスポートの写真とゲート撮影写真の不一致を確認し、初の不法入国者検出につながった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米国土安全保障省税関・国境取締局(CBP)は8月23日(現地時間)、米ワシントンのダレス国際空港の顔認証ゲートの利用で22日、初の不法入国者逮捕を行ったと発表した。同空港での顔認証ゲートの導入は20日だった。

 gate 1
 gate 2 靴底に隠されていたIDカード

 不法入国しようとしたのは、ブラジルのサンパウロからの26歳の男性。フランスのパスポートを提示したが、審査官がパスポートの写真とゲートで撮影した写真をシステムで比較したところ、一致しなかったため男性をさらに審査したところ、スニーカーの中敷きの下からコンゴ共和国のIDカードが見つかった。

 CBPは「顔認識技術は、米国をあらゆる種類の脅威から守る重要な一歩だ。テロリストや犯罪者は、米国に入国するため方法を絶えず探している。新しい顔認識技術は、パスポートを悪用する方法を排除する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.