ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年06月21日 18時44分 公開

NTT、1Tbpsの光信号で長距離伝送に成功 トラフィック増加に耐える通信基盤の実現を目指す

NTTとNTTコミュニケーションズは1Tbpsの光信号を1122キロ伝送する試験に成功したと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTとNTTコミュニケーションズは6月19日、現行の10倍にあたる1Tbpsの通信速度を持つ光信号を長距離伝送する実証実験に成功したと発表した。新開発の光ファイバーケーブルと信号補正技術などを使い、商用環境で世界最長となる1122キロの伝送を実現した。

photo

 データの損失や変質を低減する新しい光ファイバーケーブルと送受信機を開発。1つの光の波長により多くの情報を載せ、2つの波長を使って通信を行うことで通信速度の高速化とビット当たりの消費電力低減を同時に実現した。消費電力は既存の装置に比べて8割以上の削減が見込めるという。

photo

 今後は、クラウド技術や5Gの普及による情報通信量の増加に備え、国内外の機関とも連携しながら大容量で低消費電力の通信基盤構築を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.