ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年06月27日 08時25分 公開

Apple、ArmのトップCPU設計者を引き抜き

iPhoneだけでなく、MacでもArmベースのオリジナルプロセッサを採用するとうわさのAppleが、Armのリードアーキテクトであるマイク・フィリッポ氏を採用した。

[ITmedia]

 ソフトバンク傘下の英Armのフェローで“Lead CPU Architect”のマイク・フィリッポ氏が米Apple入りしていたことが、同氏のLinkedInページで明らかになった。米MacRumorsなどが6月26日(現地時間)に報じた。

 filippo マイク・フィリッポ氏のLinkedInページ

 フィリッポ氏は米AMD、米IntelでCPU設計に従事した後、2009年にArmに入社し、「Cortex」や「Zeus」(コード名)をリードアーキテクトとして手掛けた。

 filippo 2 フィリッポ氏はAMDとIntelでもCPU設計に従事した

 AppleのiPhone向けプロセッサ「A」シリーズはArmベースだ。また、同社がMacのプロセッサもIntel製からArmベースのオリジナルに移行すると何度もうわさになっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.