ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年07月03日 14時04分 公開

「7pay」で不正アクセス被害 「クレカから勝手にチャージされた」報告相次ぐ 運営元はID・パスワード変更を推奨

7月1日にリリースしたモバイル決済サービス「7pay」の一部アカウントが、 第三者による不正アクセスの被害を受けた。Twitter上にも「クレジットカードで計18万円不正チャージされ、9万円を使われた」といった報告が相次いでいる。運営元のセブン・ペイは、簡単なID・パスワードを設定しているユーザーに対し、変更するよう呼び掛けている。

[ITmedia]

 セブン&アイ・ホールディングス傘下の決済事業者セブン・ペイは7月3日、1日にリリースしたモバイル決済サービス「7pay」の一部アカウントが、 第三者による不正アクセスの被害を受けたと明らかにした。不正利用を防ぐため、ユーザーに「ログインID、パスワード、認証パスワードの管理にご注意ください」と呼び掛けている。

 7payは、会計時にアプリのバーコード画面を提示し、店員に読み取ってもらうことで支払いが完了するサービス。電子マネーの残高は、クレジットカードなどからチャージできる。200円(税別)の買い物につき、1ポイントのnanacoポイントも付与している。

photo モバイル決済サービス「7pay」

 このアカウントが第三者に乗っ取られ、残高を不正利用される被害が発生。真偽のほどは不明だが、Twitter上にも「クレジットカードで計18万円不正チャージされ、9万円を使われた」「20万円を勝手にチャージされた」「3万円を3回チャージされたので、クレジットカードの利用を停止した」といった報告が相次いでいる。

 セブン・ペイによると、(1)クレジットカード・デビットカードを7payに登録した際に設定する認証パスワードと、7payのログインID・パスワードを同じ文字列にしている場合、(2)ログインID・パスワードを簡易な文字列にしている場合――などは、不正利用されやすいという。

photo セブン・ペイによる発表

 トラブルを受け、同社は、ユーザーに対してIDやパスワードの変更を推奨。履歴画面に身に覚えのない取引などがあるユーザーには、緊急受付窓口(0570-012-113)に連絡するよう呼び掛けている。

 7payはサービス初日に、アクセスの集中によってページの読み込みなどができず、会員登録ができない不具合も発生していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.