ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月03日 16時32分 公開

KDDIとソフトバンク、5G基地局を相互利用 ネットワークの地方展開を加速

KDDIとソフトバンクは、5Gのネットワーク整備を進めるため、両社の基地局を相互利用する。基地局をシェアして、地方への展開を早める狙い。

[ITmedia]

 KDDIとソフトバンクは7月3日、次世代通信「5G」のネットワーク整備を進めるため、両社の基地局を相互利用すると発表した。5Gで使用する周波数帯の電波は現行の4Gよりも飛ぶ距離が短いため、基地局をシェアして使える局数を増やし、地方への展開を早める狙い。

 5G通信で使う28GHz帯などは、4Gの周波数帯と比べると電波の直進性が強く、障害物があると電波が届きにくい。そのため全国にネットワークを張り巡らせるには「膨大な数の基地局が必要になる」(両社)という。

 この課題の解消に向けた施策で、設置工事を少なくしてコストを削減する目的もある。施工管理会社の共同設立も検討中としている。

 両社は今秋から、北海道旭川市、千葉県成田市、広島県福山市で実証実験を行う。設計や工事、施工管理などを効率化し、ネットワークの品質や整備期間の短縮効果を検証する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.