ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年07月04日 18時30分 公開

IIJ、国内初のeSIM対応データ通信サービス 6GBで月額1520円 18日から

IIJがeSIMに対応した個人向けデータ通信サービスを18日から提供する。

[山口恵祐,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は7月4日、eSIMに対応した個人向けデータ通信サービスを18日から提供すると発表した。SIMロックフリー端末で使えるeSIM対応の通信サービスは国内初。

photo

 プランは月額1520円(税別、諸経費別)で月に6GBのデータ通信が行える「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」のみ。今後の正式サービス提供に向けたβ版という位置付けで、音声通話やSMSなどは使えない。

 eSIMはSIMカードを差し替えずに電話番号やデータ通信の情報を設定できる組み込み型のSIMカード。IIJのプランでは、契約後に発行されるバーコードをeSIM対応スマートフォンで読み取り、通信用プロファイルをダウンロードするとデータ通信が使えるようになる。

photo

 現時点での動作確認済み機種は、Appleの「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」「11インチiPad Pro」「12.9インチiPad Pro(第3世代)」「iPad Air(第3世代)」「iPad mini(第5世代)」、日本マイクロソフトの「Surface Pro LTE Advanced」。

 IIJは、NTTドコモなどの通信事業者(MNO)から基地局などの設備を借りて通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)の一社だった。2018年3月に通信サービス加入者の管理データベース(HLR/HSS)を自社で保有、運用する「フルMVNO」事業者になったことで、IIJがSIMカードの細かな通信方法などを制御できる仕組みを整えた。eSIMに対応した今回のプラン提供もその一環となる。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.