ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年07月05日 07時00分 公開

細かすぎて伝わらないiOS 13の変化 (1/2)

パブリックベータ配布が開始されたiOS 13とiPadOS 13。その中から小ネタをお蔵出し。

[西田宗千佳,ITmedia]

 先週はiOS 13およびiPadOS 13のパブリックベータテストが始まった関係もあり、それに絡む記事の依頼がとても多かった。実際、分析しがいのあるOSで、様々な切り口がある。

 一方で、「変わっていることが気になるんだけど、それを記事に盛り込んでいると盛りだくさんすぎるのでカット」という部分もたくさんある。

 ここでは、そんな「細かすぎてカットした部分」をお蔵出ししたい。

この記事について

この記事は、毎週月曜日に配信されているメールマガジン『小寺・西田の「マンデーランチビュッフェ」』から、一部を転載したものです。今回の記事は2019年7月1日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額648円・税込)の申し込みはこちらから

 さて、ここでお約束の一言を。ベータ版はテスト目的で公開されたものなので、深刻な不具合が潜んでいる可能性がある。アプリケーションの互換性も保証されていない。そのため、日常的な利用には向かない。インストールを推奨するものではない。また本記事は、取材に基づく特別な許可を得た上で制作している。

 これはなにも「決まり事」だから言っているのではない。今回の新OSに細かな変化が多いのは、基盤としての改善部分が多いからでもある。一方でそのために、アプリケーションの互換性については、今まで以上に不安な部分が多々見受けられる。アプリデベロッパー側での確認・改修も必要だ。だからこそ、日常的な利用はお勧めしないのである。秋に正式版が公開される頃までには、デベロッパー側での対応方針も定まっているだろう。それまで待つことを推奨する。

その1:変換候補ウインドウが「角丸」に

 まずはジャブから。

 iOSでは、外付けキーボードを使って文字入力を行った場合と、ソフトウェアキーボードを使って入力した場合での「変換候補」の表示は異なっている。ソフトウェアキーボードだと、キーボードの上に表示されるが、外付けキーボードだと入力列のすぐ下になる。まあ、考えてみれば当たり前の仕様で、なんの疑問も抱かずに使っている人が大半のはずだ。

 iOS 13及びiPadOS 13では、この外付けキーボードで入力する際の「変換候補ウインドウ」の角が、アールのついたものに変わっている。

photo 変換候補ウインドウの角にアールがついた

 ……それがどうした、と思ってないだろうか? いや、確かに大した問題ではないのだ。操作にも拘わりはない。だが、「そうか」という感慨が筆者にはある。2018年モデルのiPad Proで画面の角を丸めているように、Appleは特にこういうところにこだわる。Appleはやっと、日本語入力ウインドウの角にまでこだわりだしたのである。いい悪いではなく、そういうことをするのがなんともAppleっぽい。

その2:日本語変換が賢くなった

 日本語入力つながりで、変換効率についての変化にも触れておこう。iOS 13及びiPadOS 13では、日本語入力の変換効率がかなり良くなっている。何%アップとか、何が変換できるようになった、という風に解説するのは難しいのだが、iOS 12に比べると快適になった、と感じる。これは、複数のライターが同じように感じているので間違いないだろう。

 分かりやすい変更点を挙げるとすれば、「日本語変換中の数字などの扱い」が挙げられる。例えば「2.5インチディスプレイ」と入力するとしよう。これがけっこう面倒くさい。正確にいえば、フリック入力ではいいけれど、QWERTYや外付けキーボードではわずらわしかった。

 理由は、「.(ピリオド、小数点)」と「。(句点)」が同じキーに割り振られているからだ。「2.5インチディスプレイ」の場合、いままでは「2。5インチディスプレイ」となってしまった。ソフトウェアキーボードの場合、数字と英字・記号を切り替えて使うので、ピリオドの位置で一回「記号(#+=)」に切り替えて入力することになる。

 PCやMacの場合、「半角変換」機能があるのでそこまで面倒でもない。だが、iOSにはその種の機能がないので、これを正しく変換し直すのはかなり面倒くさかった。だから、英数入力で「2.5」を入力したのち、日本語入力に切り替えて残りを入力する……というやり方になっていた。

 だがiOS13及びiPadOS 13の場合には、画面でお分かりのように、「2。5」と入力しても、候補に「2.5」が出てくるようになっている。ソフトウェアキーボードの場合「記号」への切り替えが不要になる。

 まあ真面目なところ、iOS・iPadOSの日本語変換については、「そろそろ、アドレス帳に登録されている人名を、候補に優先的に出すのを控える(指定するまで出さない、もしくは4番目あたりにする)」機能が欲しいと思うのだが。

photo 入力されているのは「2。5」だが、変換候補には「2.5」がちゃんとあることに注目。学習済みならもちろん最前列に

 このような、数字・アルファベット・記号が混ざる場合の挙動が改善されており、入力時のストレスが軽減された印象がある。原稿を実際に書いていて、これは特にありがたいと思う要素だった。

 一方、特に外付けキーボードの場合、変換候補を選ぶタイミングで、スペースが意図せず入力され、単語と単語の間に不要なスペースが入ってしまうこともある。これが「操作ミスを誘発しやすいが想定通りの挙動」なのか、ある種の不具合なのかよくわからない。なお、変換候補の選択には、スペースでなくタブを使った場合にはそうした問題が起きない。

その3:iPadOSのフローティングキーボード

 キーボードの話題はまだ続く。特にiPadOSでは、アプリによる不具合に遭遇しやすいのがキーボード周りだった。描画が正しくない、位置が正しくなくて入力欄が隠れる、といったトラブルは少なくない。

 なぜiPadOSでそういうことが起きるかというと、それだけキーボード周りに多くの変化が集中しているからである。

 iPadOSでは新たに「フローティングキーボード」という機能が登場した。小さなキーボードを画面上の好きな位置に浮かせて使うもので、画面をあまり隠さず、片手で文字入力したい時に向いている。「iPadでもフリック入力したい」という人も、このモードを使うといいだろう。

photo iPadOS 13のフローティングキーボード

 普通のキーボードとフローティングのキーボードの切り替えは、キーボードの上で「ピンチイン」もしくは「ピンチアウト」。普通のキーボードの上でピンチインするとフローティングし、フローティングキーボードの上でピンチアウトすると通常のキーボードへと変わる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.