ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年07月05日 07時30分 公開

次のMacBook Airは脱バタフライ? MacBook Proは来年か

ミン=チー・クオ氏によれば、2019年発売のMacBook Airは、シザースイッチ採用キーボードを採用するという。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 TF International Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏は、2019年発売のMacBook Airのキーボードが、現在のバタフライ構造ではなく、シザースイッチ(パンタグラフ)採用キーボードを採用する可能性があると予想していると、AppleInsiderが伝えている

photo MacBook Air

 構造を変更する理由として、現在のキーボードに対して、キーストロークが短過ぎることに多くのユーザーが不満を持っていることを挙げている。

photo シザースイッチ(パンタグラフ)キー

 新しいシザースイッチキーボードにはグラスファイバーが使用されていて、故障率の低下や生産歩留まりが低いために一般的なノートブックのキーボードよりも生産コストは若干上がるが、バタフライ構造のキーボードよりは、生産コストは大幅に下がると予想しているそうだ。

 このシザースイッチキーボードは、MacBook Proでは2020年から採用され、段階的な移行が考えられているという。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.