ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年05月22日 06時31分 公開

Apple、MacBookのキーボード修理プログラムにAirと発表したばかりのProも追加

Appleが、新しいMacBook Pro発売と同時に、バタフライ構造キーボードの無償修理プログラムを更新し、2018年モデル以降のMacBook ProとMacBook Air(2018)を追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは5月21日(現地時間)、昨年6月に開始したMacBookのキーボード修理プログラムの対象範囲を拡大し、「MacBook Air」と同日発表した新しい「MacBook Pro」を追加した。

 プログラムが適用されるモデルは最初の小売り販売日から4年間で、修理開始前にAppleが実機検査で適用対象かどうか検証するという条件は変わらない。

 対象モデルは以下の通り。★が付いているものが新たに追加されたモデル

  • MacBook(Retina, 12inch, Early 2015)
  • MacBook(Retina, 12inch, Early 2016)
  • MacBook(Retina, 12inch, 2017)
  • MacBook Air(Retina, 13inch, 2018)★
  • MacBook Pro(13inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro(13inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro(13inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro(13inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro(15inch, 2016)
  • MacBook Pro(15inch, 2017)
  • MacBook Pro(13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)★
  • MacBook Pro(15inch, 2018)★
  • MacBook Pro(13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)★
  • MacBook Pro(15inch, 2019)★

 また、米The Vergeなどによると、Appleは2019モデルのMacBook Proのキーボードの素材を新しいものにしたと語ったという。構造は2018年モデルと同じだという。

 repair 2 MacBook Pro(15inch, 2019)

 2018年モデルのMacBook Proのキーボードはそれ以前のモデルと異なるとiFixitは指定している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.