ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年07月09日 11時43分 公開

ドラマのダイジェスト版、AIで自動生成「ドラジェ」 TBSドラマで試験運用

ドラマのダイジェスト動画を自動生成するシステムのβ版を博報堂DYメディアパートナーズと東京理科大学が作成し、TBS系列で7月9日にスタートするドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」で試験運用する。

[ITmedia]

 博報堂DYメディアパートナーズと東京理科大学は、ドラマのダイジェスト動画を自動生成するシステムのβ版を作成し、TBS系列で7月9日にスタートするドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」で試験運用する。出演者の発話やテロップなど、ドラマのメタデータを自然言語処理することで、各シーンの重要度を判定し、指定の長さのダイジェスト版を作成できるという。

画像 ダイジェスト動画自動生成システムの概要

 60〜90分間のドラマコンテンツと、エム・データが保有するテレビ放送のメタデータを組み合わせ、シーン分割から重要度判定、利用シーンの決定、動画の書き出しまでを自動で行い、3〜5分のダイジェスト版を作成する。

 「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」では、主要キャストそれぞれにフィーチャーしたダイジェスト動画を「AIドラマダイジェスト“ドラジェ”」と名付けて番組公式サイトやSNSの公式アカウントで配信していく。

 動画コンテンツが急増する中、ダイジェストによるドラマのプロモーションが有効だと考え、新技術を開発した。今後は、ドラマ以外の動画コンテンツへの対応や、画像音声認識技術の活用によるメタデータ付与の効率化、取材動画の一次編集の自動化なども視野に、技術開発を進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.