ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月10日 15時16分 公開

小学館と集英社、漫画アプリの共通広告プラットフォームを提供

小学館と集英社、Fringe81が、漫画アプリ共通の広告プラットフォーム「MangaAdPlatform」の提供を8月に始める。

[谷井将人,ITmedia]

 小学館と集英社、広告事業を手掛けるFringe81(東京都港区)は7月10日、漫画アプリの共通広告プラットフォーム「MangaAdPlatform」を8月から提供すると発表した。

photo

 出版各社が運営する複数の漫画アプリに、一元管理で広告を出稿できるプラットフォーム。当初は小学館の「マンガワン」と集英社の「少年ジャンプ+」に対応する。

 漫画アプリの運営者が持つ漫画アプリ利用者の年齢や性別、読まれた作品のカテゴリーなどのデータを活用して広告を出し分けられる他、漫画のコマ割りをイメージした広告デザインや、漫画の豆知識をセットで表示するなど、漫画アプリらしい広告表現も行える。

photo

 漫画アプリが各社からリリースされて利用者も増える中、広告の掲載基準やフォーマットなどがアプリごとに異なり、出稿元が広告を活用しにくい課題があったという。

 今後は対応アプリの追加を予定する他、広告配信の結果を基に、広告主が持つサービスと相性のよい漫画作品を発見するといった機能も視野に入れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.