ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年07月22日 14時38分 公開

「私の戦闘力は53万です」 表現規制反対派・山田太郎氏が当選 SNSフル活用、“オタク層”の支持集める

第25回参院選で、漫画・アニメを表現規制から守ると訴える山田太郎氏が当選。Twitterなどを駆使する選挙戦を展開し、約53万票を獲得。「オタク層が有力な票田になることを示した」などと話題になった。

[片渕陽平,ITmedia]

 第25回参院選が7月21日に投開票され、漫画・アニメの表現規制への反対を訴える山田太郎氏が、自民党の比例代表で当選した。Twitter、YouTube、ニコニコ動画などを活用しオタクを中心に支持を集め、約53万票を獲得。Twitter上では一時「山田太郎」がトレンド入りし、支持者からは「オタク層が有力な票田になることを示した」などの声が上がった。

photo 山田太郎氏の公式サイトより

 山田氏は2012年、みんなの党から出馬し、参院議員に繰り上げ当選。漫画・アニメを表現規制から守るとし、児童ポルノ禁止法改正による漫画・アニメ規制に反対した他、著作権侵害の非親告罪化の対象から2次創作(同人誌)を外すよう働きかけ、支持を集めた。16年の参院選では新党改革から出馬し、約29万票を集めるも落選していた。

「私の戦闘力は53万です」「政策を愚直に実現していく」

 今回の選挙では、海賊版サイトへの対応、パロディーや2次創作の合法化、日本文化への外国圧力への対抗などを公約として掲げ、ネットを駆使した選挙戦を展開。YouTubeとニコニコ動画では動画番組を配信し、有権者からの質問に答えるなどして注目を集め、当選を果たした。

 報道各社が山田氏の当選確実を報じた21日夜、同氏はTwitter上で「全く支援団体や寄付もいただかず、ネットを中心として表現の自由を守ることを訴えてきました。皆さまに約束しました政策を愚直に実現していく所存です」と投稿。「私の戦闘力は53万です。フルパワーで闘っていく所存です」とコメントした。

 表現規制に反対している漫画家の赤松健さんは、Twitter上で「これだけの得票数で当選したからには、今後与野党からの『漫画アニメを規制しよう』という動きを相当けん制することができるでしょう」と期待を寄せる。一方「ただし怖いのは外圧です。またフェアユースなど難しい議題が出てくると思いますので、今後も丁寧な議論を続ける必要がありそうです」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.